「逆境ナイン」

順当にいけば22日(木)が

第101回全国高校野球選手権大会の決勝ということで

組み合わせ的には

関西勢と中部勢の対決というわけですね。

(この書き方でここまで予定稿というのがバレバレw)

ということで明日決勝!のタイミングで

満を持してご紹介するのがこの作品。

  

    

   

  

「スポーツ映画いうてもネタ映画やんけ!」いうな。

  

  

確かにネタ系映画ですよ。

ネタ系映画ですが、ただのネタ系映画ではなく

壮大なネタ系スポーツ映画なのですよ。

 

 

だいたいね、

9回裏に112点差をひっくり返せるかという話ですよ。

それだけじゃない。

それが何かとつっこまれると

ネタバレになるので書きませんけども、

それが既に壮大なわけですよ。

まさに

「それそれはそれ、これはこれ」。

 

 

内容から離れた話をすると

玉山鉄二堀北真希がまあ若い。

もっというと

青木崇高もかなり若い。

www.stardust.co.jp

 

まあ、だって軽く15年近く前の作品だしねw

 

 

ネタ系、ネタ系といい続けてきてますが

この作品の正しい見方は

「どうせネタ系映画でしょ」と斜めに構えながら見てるうちに

最後の方ではホロリと何かの液体が目から出てるという

感じだと思います。

まあ、液体が出るか出ないかは個体差によりますがw

 

 

ちなみに「逆境さん、いらっしゃい」は

某サッカークラブの社長から初代観光庁長官に華々しく転身し、

現在は大阪観光局長官であらせられる方の名言ですねw

 

メアリー・エインズワース浮世絵コレクション

この数年というものスポーツ映画へ

意識的に時間とコストを費やして来ましたが

ちょっと違うジャンルというか

もともと興味はありながらも

ちょっと疎遠になっていたジャンルにも

あらためて目を向けてみようかシリーズの一環が

実はアートの世界だったりもします。 

っていうか

映画もスポーツもアートだろ

っていう思いはあるんですけどね。

 

で、今回は浮世絵。

しかも北斎・広重というメジャーどころ。

富嶽三十六景とか東海道五十三次とか

永谷園のふりかけのカードでおなじみwのシリーズもあって

知識がなくても十分に楽しめましたw

個人的に気に入ってしまったのは

歌川国芳の「忠臣蔵十一段目夜打之図」。

  

f:id:sportseigaski:20190817025113j:plain

 

www.adachi-hanga.com

 

なんかすげえポップだな、と。

若冲だけじゃないんやで、とあらためて感じ入った次第。

北斎漫画とかも見てみたいなと思うんですが

そんな時間が取れるのかというね。

        

 

ていうか久々に天王寺行ったけど変わったなー。

「リプレイスメント」

      

  

タイトルからだとわかりにくいんですが

「代替選手」という意味。

   

   

プロスポーツ選手によるストライキがあった際に

オーナー、クラブ側は

代わりの選手をつかって試合を開催した、

というケースが1987年に1度だけNFLであったようです。

  

   

そのときのケースをモチーフに作られた作品。

主演はキアヌ・リーブス、そしてジーン・ハックマンが共演と

かなり豪華な作品になっていますが

内容が内容だけに日本ではもうひとつ話題にならなかった模様。

  

   

確かに、代替選手が

大学で活躍した選手とか引退して間もない選手とかだったら

真実味もあったのですが

力士とか服役中とか、ちょっとそれは…的な要素が

中途半端に入ってしまっていたのが

ちょっともったいなかったかなー、とは思います。

   

   

その分、気軽に楽しめる要素はあるので

コメディ的要素の強い作品がお好きな方にはオススメだと思います。

(アメフト映画って重たいのしかない印象ですよね)

 

チケットが手に入らないというのは既に都市伝説だったのか

いやあ、やっぱり気になるんですよね

ゴートク・サカイ。

 

f:id:sportseigaski:20190817021843p:plain

    

とはいえ選手の補強だけはワールドクラスなチームなので

チケット取れねーし、高ぇーし、人いっぱいだし。

ということで早く消化試合にならないかなーと思ってたんですが

意外と、これ取れちゃうんですね。

浦和戦ですら前日でも購入できちゃうの?

だって夏休みでしょ。

え!もしかしてもう飽きられてるん?

 

f:id:sportseigaski:20190817015634p:plain

  

とか考えているうちにチケット購入する気満々やんw

 

浦和に鈴木大輔とか上野優作(!)とか

札幌に鈴木武蔵とか

松本に守田とか

FC東京に宮崎幾笑とか

新潟関係者が各チームにいるって

どんだけ人材供給しとんねん。

  

  

ということで、松本戦あたりに行こうかと画策中。

(10月は予定が立たないので…)

で、RWCはスルーしようかな、という気分に…。

 

 

 

パーフェクトワールド

つい目にしてしまったのがこのドラマ。

多分数十年ぶりくらいに

1話から最終話までがっつり見てしまいました。

とはいえ

3話くらいから最終話までは

台風ですることないので

一気見してしまったのですが

まあ、涙腺大崩壊。

主人公に感情移入するってのとは違うんだけど

なんなんだろ、これ。

親の立場として感情移入したのはあるかも。

ああ、そんな年頃なんだなー。死ぬw

   

ktv-smart.jp

 

そうか、マンガが原作なのか。

 

っていうか、映画もあったのか。